読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作品至上主義

日々観た映画、読んだ本、観劇した舞台の感想を残すためのブログです。

「ひるね姫~知らないワタシの物語」

2017年4月4日 鑑賞

神山健治監督作品。

昨今は邦画もアニメも漫画原作がずいぶん多い。

原作付き作品自体を否定はしないが、

オリジナル脚本作品には頑張ってもらいたい気持ちが強い。

で、オリジナル脚本の本作。

予告編からはもう少し現代のリアルシーンが多いのかと予想していたが、

冒頭からファンタジー/SFシーンが多いのは嬉しかった。

アニメーション的な自由度のある動きの描写も多く、

 

作画のクオリティは申し分なし。

高畑充希の声は嫌味もなく、しっくりきた。

エンドロールの主題歌もいい。

これだけの演技力があって歌も上手いので、

アニメに限らずこういう起用は今後もされていくのだろう。

 

途中までテンポよくシンクロしていた現実と夢のシーンが、

クライマックスに向けてやや雑で、

シンクロ率が低くなってしまったように感じた。

クライマックスの映像の派手さはあったが、

そこに至るまでの必然性が弱いというか。

そこが「脚本が弱い」と感じてしまう部分だった。

 

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック

ひるね姫 オリジナルサウンドトラック